公教育について考えるブログ

すべての人が自分に合った教育が受けられる社会を目指して活動しています。

Moi Moi

New to LITERALLY? Here's My Recommendation.

発言の多さ

フィンランドの学校で授業を見ていると、どの授業でも発言する生徒がとても多いことに驚きます。

 

この問題の答えは?これについて何か知ってる?という先生の問いかけに、たくさんの生徒達が手をあげます。しかも「なんとなくこんな感じだと思うけど、よくわかりません!」みたいな感じの答えだったりもします。でもその子はふざけているわけではないし、周りも笑ったりしません。


先生が話している最中でも、突然手をあげて意見を言ったり質問をしたりする光景もよく見ます。ちなみにフィンランドでは相手が話をしている時に遮るのはマナー違反だと小さい頃から教えられているので、先生が話しているに時に発言したい場合は、ただ手を挙げてじっと待っています。


ある先生が発言の多さについて話をしてくれました。以下、その先生の言葉です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
答えが合っていても間違っていても、自分が思う答えを言うことが大切。自分の意見を言うことが大切。大事なのは合っているかどうかではなくて、あなたはどう考えているのか?と言うこと。もし答えが間違っていたとしてもそれはみんなの学びになる。もしみんなとは違う意見を言ったとしても、そこから議論をして全員の学びに繋げることができる。
そもそも大人である私だって間違うことだらけ。授業をしていたって間違えることがある。それに、中高生である彼らから学ぶことはたくさんある。私には10歳の息子がいるんだけど、とても元気な男の子で大変。私には彼が何を考えているのかよくわからなくて困ることがある。けれど、そう言う時に生徒と話をしていると、その答えをくれたりする。彼らには10歳の男の子の気持ちがわかるから。
わからないことがあるから学校に来て勉強するし、何度も間違えたりして学んでいけばいい。私もずっとその繰り返し。
----------------------------------------------------------------------------------------
以上。


日本でも、多くの先生がこんな想いを持って毎日生徒と接しています。ただ、それを実行するのも、生徒達にその想いを伝えるのも難しいのが、今の日本の教育現場です。色んなところからの圧力があり、本当に大切だと思う教育をする自由が教師にはありません。


フィンランドはと言うと、国が教師を信頼しているのが本当によくわかります。教師の自由がある程度認められている。そして、教師だけがこの先生のような想いを持っているのではなくで、他の大人達も子供達もみんなが「それって当然だよね」と言う意識を持っています。だから、どの授業でもとにかく発言する。正直、教師だけの価値観でこの状況は作れません。


教育は、「教員だから」「子供を持つ親だから」考える問題ではないと私は思っています。一人の人間として、本当に必要な教育とは何なのか?その答えをみんなが考えること。そして、直接教育に影響することでなくても、自分の価値観に従って行動していく必要があるのだと思います。


社会全体の価値観が、今の学校教育に影響を与える力を持っています。一人の人間の行動が、必ずこれからの日本の学校教育に繋がっていくと信じます。